妊娠の最初の3か月間は何を食べてはいけませんか、何を控えるべきですか?

 

 

妊娠中、女性は胎児に良いと思われる多くの食物を与えられることがよくあります。しかし、気楽に「全世界を食べる」ことができるようにするためではありません!胎児の健康を確保するために妊娠初期にタブーにする必要があることがたくさんあるからです。では、妊娠の最初の3か月間は何を食べてはいけないのでしょうか。答えは以下の記事にあります。 

実際、子宮内の母親と赤ちゃんの両方の健康に有害な食品はたくさんあります。専門家によると、妊娠の最初の3か月の妊婦は、何も食べてはならず、注意が必要な安全な食品についての提案や提案を控えるべきです。

1.果物や野菜は先天性欠損症を引き起こす可能性があります

妊娠の最初の3ヶ月の間に何を食べてはいけませんか?生野菜を食べてはいけません

妊娠の最初の3か月間は何を食べてはいけませんか、何を控えるべきですか?

 

 

もやしは、最初の3か月間は何も食べてはいけない妊婦のリストにも含まれています。もやしを含め、生のもやしは食べないでください。バクテリアは芽が成長する前に種子の中で生き残ることができ、野菜のすべてのバクテリアを取り除くことはできません。野菜のバクテリアを殺すためにそれを調理する必要があります。

妊娠の最初の学期は何ですか?洗っていない野菜やフルーツジュースは選ばないでください

細菌汚染を防ぐために、野菜を水で十分に洗い、塩に浸してから食べて加工する必要があります。妊娠中の母親は、生野菜が潜在的な病原体になる可能性があるため、生野菜の摂取をできるだけ制限する必要があります。

フレッシュフルーツジュースの場合、レストランでのジュースが、大腸菌やサルモネラ菌などの有害なバクテリアを排除するために処理前に洗浄されていないフルーツのリスクを排除しなくても。

3ヶ月の妊婦は何を控える必要がありますか?漬物を避ける

妊娠の最初の3か月間は何を食べてはいけませんか、何を控えるべきですか?

 

 

持ち運びの問題になると、漬物は言うまでもありません。では、妊婦が漬物を食べるのは良いのかどうか

きゅうりのピクルスの種類は、いくつかの微生物の影響下で酸味を発酵させるために、いくつかの茎、葉、花、果物、塊茎と混合された塩を使用して処理された食品です。漬物を食べることは、体と毎日の食事に多くのプラスの効果をもたらします。しかし、それを適切に使用する方法がわからない場合、漬物は時々害に変わる可能性があります。

ピックリングソルトの最初の数日で、微生物が原料中の硝酸塩を硝酸に変換し、硝酸含有量を増加させるため、pHは徐々に低下します(つまり、酸性度が増加します)。この段階のメロンは刺激的で刺激的な味があり、体に非常に有害な硝酸塩を多く含んでいます。

他のいくつかの野菜や塊茎は、最初の学期に食べてはいけません

流産や妊娠のリスクを防ぐために、最初の3か月間は妊娠中の女性に適さない食品、野菜、果物があります。

  • 野菜の収縮
  • ラクサの葉
  • ビートルート

2.生のシーフードや肉などの食品は、妊娠の最初の3か月間は食べないでください。

生の鶏肉や卵は食べないでください

妊娠の最初の3か月間は何を食べてはいけませんか、何を控えるべきですか?

 

 

最初の3か月間は何も食べてはいけない妊婦のリストがわからない場合、細菌による食中毒のリスクが高くなります。これは、非衛生的な食品に対する体の反応が今でははるかに深刻になっているためです。したがって、妊娠中の母親がこの状況に遭遇すると、胎児は多かれ少なかれ影響を受けます。

したがって、未調理の鶏肉と卵(揚げ卵、ゆで卵)を妊娠の最初の学期の質問に対する回答のリストに追加します。

水銀を多く含むシーフードは避けてください

シーフード、特に魚は、脳と目に良いタンパク質とオメガ3脂肪酸の豊富な供給源ですが、賢い選択をするためには魚の基本的な知識が必要です。

ただし、妊娠中の母親が健康に危険な高レベルの水銀を運ぶため、妊娠中の母親が避けるべき魚や甲殻類の種類がいくつかあります。したがって、この量の水銀が体内に入ると、神経系と胎児の全体的な発達に影響を及ぼします。

妊娠の最初の3か月の妊娠中の女性は、次の種類の魚を控える必要があります。

  • メカジキ
  • クジラ目
  • シーチキン
  • サバ王
  • 馬の頭の魚

魚が年をとるほど、また年をとるほど、水銀含有量は高くなります。食品衛生安全局は、妊娠中の女性に妊娠中のエビ、サーモン、カタクチイワシ、ティラピア、ポロックを食べるようにアドバイスしています。これらの魚は水銀が少なく、妊婦にとって安全であることが示されています。

妊娠の最初の3か月間は、生および未加工のシーフードを食べることを制限する必要があります

シーフードに有害なバクテリアやウイルスが混入するのを防ぐには、次のことを行う必要があります。

  • 生の魚や甲殻類だけでなく、寿司、刺身、生のカキ、ホタテ、アサリなどの生の魚から通常作られる料理は避けてください。
  • 冷凍、調理不足、燻製食品は避けてください
  • 水が汚染されている場合、または食べるべきではない安全性について確信が持てない場合は、食べるシーフードの安全性と供給源に関する推奨事項に注意してください。
  • シーフードを適切に処理する。

あなたは60°Cで魚を調理する必要があります。アカザエビやホタテなどのエビの場合は、乳白色になるまで調理する必要があります。あさりや牡蠣は、殻が開くまで煮て、分離できないものはすべて取り除きます。

あなたは胎児と母親の発達に必要な栄養素を提供するために妊婦のためにシーフードを選ぶ方法についてもっと学ぶことができます

加熱が不十分な肉、ハム、ホットドッグは食べないでください

妊娠の最初の3か月間は何を食べてはいけませんか、何を控えるべきですか?

 

 

妊娠中は、調理済みの肉を食べ、生肉や調理不足の肉は避けてください。トキソプラズマや、健康や胎児に影響を与える他の種類の細菌が含まれている可能性があります

さらに、リステリア菌は冷蔵庫のように低温で増殖する可能性があるため、コールドミートやソーセージは潜在的により危険です。したがって、妊娠中は冷凍食品、ハムなどのインスタント食品、ホットドッグの使用は避けてください。肉やソーセージを使う前に調理して、すぐに食べることができます。

妊娠の最初の3か月で何を食べてはいけないかわからない場合、それは内臓肉、特に動物の肝臓です。これらの器官は動物の体内の毒素を貯蔵し排除する場所だからです。したがって、そのような食品の消費は胎児を毒殺する可能性があり、先天性欠損症を引き起こすことさえあります。

3.妊娠中に使用してはならない飲み物

コーヒーとアルコール飲料を制限する

これは、妊娠中の女性が最初の3か月間に食べてはならない食品のリストにある飲み物でもあります。研究によると、コーヒーやお茶のカフェイン含有量は胎盤を通過し、胎児に影響を及ぼし、流産のリスクを高める可能性があります。

安全のために、食事中のカフェインの量を減らし、妊娠中は1日あたり200mgのカフェインしか摂取しないようにする必要があります。したがって、コーヒー、エナジードリンク、ソーダ、お茶、チョコレートなどの飲み物の摂取を制限する必要があります。

コーヒーに加えて、アルコールとアルコールも流産のリスクを高めます。アルコールやアルコール飲料は、胎児に先天性欠損症引き起こす可能性があるため、善よりも害を及ぼすことが長い間示されてきました。少量のアルコールも妊娠に害を及ぼす可能性があります。

妊娠の最初の3ヶ月で食べてはいけないもの:ハーブティーの消費を制限する
妊娠の最初の3か月間は何を食べてはいけませんか、何を控えるべきですか?

 

特定のハーブが乳児の発育に及ぼす影響について入手できるデータはほとんどありません。したがって、産科医に相談しない限り、ハーブティーの消費を制限する必要があります。これは、妊娠中の女性のために特別に作られた製品にも当てはまります。

妊娠のための栄養は非常に重要です。あなたは妊娠中の女性のための健康的な栄養にもっと注意を払い、健康で赤ちゃんを健康に保つために妊娠の最初の3ヶ月で妊娠中の女性が何を食べてはいけないかを見つける必要があります!

 

中絶は生殖能力に影響を与える可能性がありますか?

中絶は生殖能力に影響を与える可能性がありますか?

aFamilyToday Healthに対する中絶の影響について学ぶことで、中絶とその潜在的なリスクとの関連性、および妊娠を再開しても安全な時期がわかります。

喘息があると妊娠に影響しますか?

喘息があると妊娠に影響しますか?

喘息はあなたの妊娠能力にどのように影響しますか?あなたが喘息を持っているならば、生殖能力を改善する方法をすぐに見つけてください。

10代の若者の身長に関する質問に答える

10代の若者の身長に関する質問に答える

背が高すぎたり短すぎたりすると、ティーンエイジャーは罪悪感を覚えます。両親は、混乱しないように、ティーンエイジャーに身長の知識を身に付けさせる必要があります。

それぞれの年齢に応じて子供のための栄養価の高い食品を選択してください

それぞれの年齢に応じて子供のための栄養価の高い食品を選択してください

aFamilyToday Healthの4つの年齢層の子供向けの栄養価の高い食品に関する情報は、子供向けの栄養価の高い食事を構築するのに役立ちます。

帝王切開で妻が出産するときに父親ができる6つのこと

帝王切開で妻が出産するときに父親ができる6つのこと

母親と赤ちゃんの両方にとって最も安全な選択は帝王切開である場合があります。aFamilyToday健康の専門家は、義母が帝王切開をしているときにすべき6つのことを父親と共有しています。

妊娠中の虫歯の治療

妊娠中の虫歯の治療

妊娠中の虫歯は、妊婦が直面する可能性のある問題の1つです。aFamilyTodayHealthの治療法をご覧ください。

必要に応じて簡単な受胎または避妊のための排卵日数を計算する方法

必要に応じて簡単な受胎または避妊のための排卵日数を計算する方法

排卵の日を適用すると、妊娠の可能性が高まり、希望する赤ちゃんや自然な避妊の可能性が高まります。

赤ちゃんの離乳:加工小麦粉と一緒に食べるべきですか、それともお母さんが自分で調理するべきですか?

赤ちゃんの離乳:加工小麦粉と一緒に食べるべきですか、それともお母さんが自分で調理するべきですか?

赤ちゃんが固形物を食べることを学ぶ期間は、母親を興奮させて幸せにするだけですが、どの方法を選ぶべきかわからないとき、彼女は心配することを避けられません。

あなたが想像するのを難しくする14のよくある間違い

あなたが想像するのを難しくする14のよくある間違い

妊娠困難の原因は不妊症ではなく、ライフスタイルや生活に関連する多くの間違いが原因である可能性があります。

子供のためにビタミンCを補う食品は何ですか?

子供のためにビタミンCを補う食品は何ですか?

ビタミンCの補給は子供と大人の両方にとって不可欠です。一部の動物は自分でビタミンCを合成できますが、人間���できません。